『スローフードの話し』

最近よく耳にするスローフードとは?…時間に追われる現代人向けの食生活をファーストフードと呼ぶのに対して、改めて現代の食生活について見直し考える事が『スローフード』の意味です…

決してご飯をゆっくり食べると言う意味ではありません(笑)。

1986年イタリアのブラと言う小さな町で始まった、この小さな運動は、今では世界中に広がっています。

地域の食材を生かした伝統料理を見直し、守って行こうと言う考え方…その考えを子供達をはじめ、多くの消費者にも伝えて行こうと言う考え方、そして日本では地産地消と言う言葉がありますが、これも『スローフード』な考え方の一つです。

近年、安くて形の良い野菜・肉・魚など多くの食材を輸入に頼り、様々な問題が起きています…

そこで!少々形が悪くても、少々値段が高くても、農薬が少なく、安全で安心な食材を作る国内の生産者達を守り助ける事もスローフードな考え方であり、これからの日本にとって一番重要な問題となっています…

最も身近なところでは、家族が揃って食事をする事、食事しながら会話の時間を持つ事などを呼び掛ける運動も『スローフード』には含まれています…

当店では、お年寄りから子供までが楽しめるMENU構成をコンセプトとしています、今晩あたり御家族揃って海老徳でスローフードなお食事を楽しんでみては如何でしょうか?